塗装業 確定申告

塗装業の確定申告

同業者に指摘されるまで一人親方が確定申告をしなければいけない事を忘れていました。

 

私は塗装業を営んでいて、仕事はおかげさまで人手が足りなくて困っている位忙しい状況です。本来であれば塗装業の経験者で若い従業員が欲しいのですが、求人募集しても高齢者しか応募してきてくれません。。ですので今は一人で現場作業をこなしています。

 

どうしても人手が足りないときには、同業者に頭を下げて、外注さんを紹介してもらっています。

 

このような毎日の仕事に追われている状況なので、正直経理作業の時間を確保するのも難しく、確定申告を忘れていたのはもちろんの事、領収書の整理すら満足にできていないのが現状でした。

 

同業者から確定申告の事を指摘されてからは、市役所の無料相談に行ってみたりしたのですが、税金の事はまったく理解できなかったので、最終的にはインターネットで川口税理士事務所のホームページを見つけて早速依頼することにしました。

 

川口税理士事務所は一人親方の確定申告に特化していることもあって、申告期限が間近でしたがスピーディに会計ソフトへの入力作業をして頂き、最終的には申告期限ぎりぎりになりましたが、税務署に申告書を提出することができました。

 

今年の確定申告はぎりぎりだったので事前に節税対策をすることができませんでしたが、今後は定期的に経理資料を会計事務所の担当者に渡すようにし、なるべく無駄な税金を支払わないようにしたいと思います。